おでかけ

【ゾンビサバイバル】あべのキューズモールに行ってきました

こんにちは!タケルです。

先日ですがゾンビサバイバルというアトラクションを体験してきました。

友人と話していた時に面白かったとの事なので行きました。今回はその感想です。

大道のデートスポットは行き尽くした感があったので今回はいつもとは少しテイストの違うゾンビサバイバルに行きました。アミューズメント多めです。

ゾンビサバイバル

ゾンビサバイバルとはオーストラリアの会社であるゼロレーテンシー社が開発したVR アトラクションです。

銃を使って仮想空間の中でゾンビを倒すゲームです。値段は1人2000円で所要時間は全て合わせて30分程度です。バイオハザードみたいな感じです。

場所は大阪府の天王寺駅前にあるあべのキューズモール店内3Fの中にあるSEGAの一部です。

SEGAがVR アトラクションを楽しめる施設「SEGA VR AREA ABENO」を新設したのでそこで楽しむことができます。

あべのキューズモールのSEGAです。VRエリア以外はゲームセンターとなってます。

SEGA内にゾンビの看板があります。店員さんに声をかけて予約をゾンビサバイバルの予約をします。

ゾンビサバイバルは30分毎に開催されており、各定員は6人となっています。

また、電話予約などはできないので直接店舗に行ってから空いてる時間帯を見て予約をするという流れです。なので待ち時間が少なからず発生することになります。

このアトラクションは2017年にできたそうで他の人のレビューを見ると2017年当日は休日でもすぐ満員になるとのことでしたが今は2020年なので私が訪れた時は1時間後で予約できました。

基本的に定員が6名で最大6人同時に楽しむことができます。

結果私たちが予約した時間帯は2人だけの予約でしたので貸し切り状態でした。

中に案内されるとまず画面に自分とメールアドレスを入力します。そのメールアドレス宛に後でスコアが送られてきます。

そしてその後スタッフさんにアトラクションの説明を受けます。店員さんから「ここからは演出の都合上口調が荒くなりますがご注意ください」と言われたあと急にゲームのキャラになりきり命令口調になりました。

面白かったです。

説明が終わるとリュックみたいなものとヘッドホンとVRゴーグルを装着します。
これがそこそこ重たくてびっくりしました。

参加者が私たち2人だけで説明の後開始まで時間が余ったので写真を撮ってもらいました。

結構本格的です。

出典:https://sega.jp/topics/170801_location_1/

そしてプレイルームに移動します。写真のような感じで広めです。

そしてゲーム開始しVRの世界に入ります。

舞台は工場内みたいなところで実際に歩くとVRの世界でも歩くことができます。

どういう仕組みなのかは分かりませんが仮想空間の中で2階に行くこともできます。 

次々に襲ってくるゾンビを防壁という壁を使って守りながら倒していきます。

マイクもついているので皆と話しながらゲーム出来ますし、適時スタッフさんもサポートしてくれます。

本当に思っていた以上にクオリティが高く没入感ありました。

アトラクションが終わってゴーグルを外した瞬間私は何をしてたんだと思うぐらい集中できました。

1度アトラクションをしている人をゴーグル無しで見てみたいなと思いました。絶対情けなくて面白いと思います。

結果としてはスコアで彼女に勝利し格の違いを見せつけることができました。

ゾンビキル 171
ヘッドショット 149
デス 4
スコア 254179

でした。

このスコアがどんなものなのかは分かりせんがランキングトップの人はゾンビキル500を超えていたので恐ろしいなと思いました。

デスは死んだ回数です。4回も死んでしまいました。でも死んでも10秒程で生き返ることができるので大丈夫です。

初めての体験だったので楽しかったですけど、背負っていたものがそれなりに重かったので疲れました。

皆さんもいつもと違ったデートを楽しみたい時などに是非活用してみてください。

おわり

ブログ村 Twitter feedly