雑記

子供と女性の自殺者が増加しているらしい。これもコロナの影響か。色々考えてみた

こんにちは!タケルです。

警察庁と文春オンラインによれば、日本の年間自殺者数は2005年の3万4427人をピークとしてその後減少傾向が続いていたが、今年2020年は10年ぶりに増加する可能性が高いそうです。

4月、5月、6月と前年比で減少していたが7月から増加に転じ8月、9月も自殺者数が増加しているとのことです。

最近は三浦春馬さんや竹内結子さんのなど芸能人の自殺の報道も多くなったと感じます。

また増加した内訳として男性の自殺者数は例年とほぼ変わりないが特に女性と子供の増加が顕著だそうです。

さらに8月の女性の自殺者数は前年の464人から186人増加し650人です。これは前年比で40%以上も増加しています。

その理由としてそもそも統計上は新学期が始まる直前の3月末や、夏休みが終わる8月31日に自殺が増えるというデータがあります。

つまり環境が変わる時にストレスがかかりやすいという事です。そして引きこもりの人は自殺が少ないという説もあります。

また5月末は非常事態宣言により外出自粛が余儀なくされました。自宅に引き籠らなければならなくなりましたが、5月の自殺者数は前年比で減少しています。

そして非常事態宣言が解除され職場に復帰しだす頃に外出自粛していた時と環境が変わり自殺が増えたのかもしれません。

私も何度か在宅勤務をしましたが本当に快適でした。余計な電話とかもかかってきませんし。ずっと在宅勤務がいいです。すぐにおわりましたが。

そして女性は人と触れ合う医療、福祉、飲食、アパレルなどで働いている人が多いです。

それらで働く人たちの心理的負荷は相当なものだそうです。

まあそうですよね。今でこそ慣れましたが、1度私の職場にコロナに感染疑惑のある人がお客さんとしてきたことがありましたが、みんなかなり警戒してましたし異様な雰囲気でした。

あとは単純に8月と言えば丁度日本で第2波が到来していた時です。

第1波の時は1日の感染者数は4月11日の720人が最高でしたが第2波では8月7日に1605人にもなりました。

あの時は確かに日本にもついに来たかと私も思ってました。アメリカのようになる事を少し覚悟していました。意外と粘って今は何とか耐えてますね。

新規感染者数が毎日増加しているのをみて私もかなり不安でした。ストレスは確実にたまりました。

まあコロナという死の恐怖が迫ってきてそれが不安で自殺してしまうというのは私にとってはよくわかりませんが、不安に襲われて衝動的にしてしまったりするんですかね。 

コロナウイルスはワクチンが開発されれば収束に向かうと信じてますし、それに伴って自殺者数も減少する事を願います。

でも統計上は男性の自殺者数の方が圧倒的に多いんですね。大体どの年でも女性の2倍程男性の方が多く自殺しています。

これは世界的に見ても同じような傾向があり、特にアメリカやオーストラリア、カナダなどでは女性の3倍以上男性の方が自殺しています。

なぜかというと男らしさを求められるからという説があるそうです。

昔と比べるとましにはなりましたが今でも「男だから家族を養わないといけない」「男なので女性より多くデート代を出さないといけない」と言った考え方は少なくともありますしそれをプレッシャーと感じる人も少なく無さそうです。

私みたいにクズな人からすればそう言った世間の考え方も無視して受け流すことができますが、真面目な人からすれば間に受けて精神的な負担に繋がるかもしれませんね。

このように自殺というのは精神的な理由が多く挙げられる気がします。あまり固くなりすぎずに適度に不真面目に生きていった方がストレスを感じなくて済むと思います。

気楽に生きましょう。

おわり

ブログ村 Twitter feedly