↑ランキングに参加しています!良ければポチッと押していただけると嬉しいです!!

配当金が減るのが怖くてXOMを売却できない

こんにちは!タケルです。

ポートフォリオのバランスが悪い

 

上の図は5月末時点での私のポートフォリオですが、かねてよりバランスが悪いです。

どういうことかというと

原油株とたばこ株の割合が高すぎます。

まず原油株はエクソンモービル【XOM】とロイヤルダッチシェル【RDS.B】であり全体の約25%、4分の1を占めます。

次にたばこ株ですが、ブリティッシュアメリカンタバコ【BTI】、アルトリア【MO】、フィリップモリス【PM】、JTであり約23%を占めます。

なので約半分は原油株とたばこ株ということです。

米国株は産業によって11種類の「セクター」に分けられていることを考えると

2つのセクターだけで半数を占めるポートフォリオはとてもバランスが良いとは言えないです。

ちなみに原油株はエネルギーセクターであり、たばこ株は生活必需品セクターです。

またクラフトハインツ【KHC】とウォルグリーンブーツアライアンス【WBA】も生活必需品セクターであり

全て合わせると生活必需品セクターだけで約28%になります。

別にセクターの割合を均等にしたいわけではないですが、さすがにもう少し綺麗にしたいなと思ってます。

配当金が減るのが嫌でXOMの売却ができない

 

ポートフォリオのバランスをよくしたい思いがある一方で中々売却に踏み切れません。

それは原油株やたばこ株は高配当な銘柄だからです。

配当利回り

エクソンモービル 約5.6%
ロイヤルダッチシェル 約3.5%
ブリティッシュアメリカンタバコ 約7.4%
アルトリア 約6.9%

このようにかなり高配当です。

当たり前ですが、売却する銘柄の配当利回りが高ければ高いほど、売却した時に減少する受け取り配当金は大きくなります。

例えば利回り約7%のアルトリアを100万円分売却すれば、年間で約7万円分受け取る配当金が減少します。

この受け取る配当金が減少する感覚が私にとっては耐えがたいです。

給料などで貯まったお金を新しく無配当の銘柄に投資するのは何とか大丈夫なんですけど。

これだけ原油株やたばこ株が高配当だと違う銘柄に乗り換えたとしてもほとんどの銘柄で配当金が減少してしまいます。

しかもそもそも原油株やたばこ株は最近バリュー株が好調というのもありコロナショック後の暴落からかなり回復してきています。

もはや株価も割安な水準とは言えなくなってきています。

まあJTに関しては全然ですけど。

原油株やたばこ株よりも今はアリババや医薬品株とかの方が割安に感じます。

どちらも軒並みPERは低いです。

ていうか話は変わりますが、私の保有する医薬品株のメルク【MRK】の分社化がいつのまにか完了し、新たにオルガノン【OGN】という銘柄が増えていました。

オルガノンは女性の生涯を通じた健康の向上に注力するグローバルヘルスケア企業だそうです。

またビットコインもだいぶ下がってきています。

まだ買いたい水準では無いですが、もし2万ドルを割ってくるようなら再度購入したいですね。

とはいえたばこ株や原油株はディフェンシブな一面も持っているので

インフレ率があがり長期金利が上昇し割高な株が下落する局面の時に頑張ってくれるという期待もあります。

実際インフレ率は少しずつ高まりを見せていますし、WTI原油先物価格も先日2年8ヶ月ぶりに70ドルを突破しました。

ということなので、色々考えた結果まだしばらく原油株やたばこ株はホールドしておこうと思います。

おわり

ブログ村 Twitter feedly
スポンサーリンク
【ポイントサイト】 資産の増加の第1歩 スキマ時間を有効活用しポイ活に励もう♪ 手出しゼロで利用できる♪話題のポイ活始めるならモッピー! 【米国株『モトリーフール』】 米国株投資家必見! 定期的に配信される米国株の情報を無料で見れます。 勉強になるので私も利用してます。 モトリーフール 【資産管理】 完全無料でお金の管理ができる資産管理アプリ アプリ1つで資産を把握し無駄を省こう! おかねのコンパス