↑ランキングに参加しています!良ければポチッと押していただけると嬉しいです!!

雑記

なめてはいけない適応障害という病気

こんにちは!タケルです。

実はもっと「重たい病気」の可能性がある


先日livedoorニュースにて記事になっていました。

適応障害とは日常生活の中で生じるストレスにうまく対処することができず、気分や行動面に症状が現れ社会生活に支障をきたす病気のことです。

最近では女優の深田恭子さんも発症した病気として報道されていました。

適応障害というのは病院からすると比較的書きやすい診断名だそうです。

なので、病院の精神科コンサルテーションでは50%もの人が診断されることもあるそうです。

ですがこの50%というのは暫定診断も含んでいるため、実はもっと「重たい病気」である可能性があるとのことです。

例えば、典型的なうつの症状があったとしても症状の期間が短ければとりあえず適応障害と診断されるそうです。

これが暫定診断であり、何ヵ月か観察し最終的に実はあの時うつ病だったと分かることもあります。

なので適応障害と診断されたからといって油断してはいけないということです。

また適応障害は原因に対する不適応反応なので、
原因が取り除かれるとすぐに症状が良くなる傾向にあるのに対して

原因が取り除かれないと、良くなることが難しいそうです。

原因を取り除くのが簡単ではない場合も多く、そうすると症状が長引いたり悪化することもあり得ます。

なので結局、「適応力」「順応力」などの力を高めるしか無いです。

このストレスをやりすごす力を高めないと不適応反応が増え何度もメンタル不調を繰り返してしまうことにもなりかねません。

適応障害になった時にどう対応するのか、病院の先生を信頼しよく相談する事が大切とのことです。

明日は我が身だと思った 

適応障害という病名、最近良く聞きますが

こんなとりあえず診断出しておくかみたいな病気なんですね。これは意外でした。

深田恭子さんも発症した病気として報道されていましたがほんと大変だと思います。

芸能人は人と接する機会も多いですし、常に記者に追い回されているのでプライベートの時間もほとんど無いです。

一般の人よりストレスが多くかかる環境に置かれているので、ふとしたことがきっかけで病気が発症してしまうこともあると思います。

また発症しやすい人の特徴として、根が真面目で人からの評価をすごく気にする人に多い気がします。

実際、私の職場でも適応障害で休んでる人はいませんが、真面目で責任感が強い人の方が辛そうに見えます。

その人は他人からどう思われてるかが気になるので、他人への配慮や気配りもうまいです。

しかし他人への配慮や気配りが上手ければ上手いほど、みんなからなめられますし他のお願い事もその人に頼もうとします。

頼まれて嫌な顔をする人より、何も言わない人に頼んだ方が、お願いする側からしたら都合がいいと思います。

そうなると全体としては大したことのない業務量だったとしても特定の人に仕事が集中してしまうことになりかねません。

なのでやはり周りからのサポートというか、優しい人ばかりに頼らない平等な組織を作れたら不平不満も減るのではないかと思います。

それこそ周りのことを考えない鈍感な人の方が、ストレスが貯まってないように見えます。鈍感力も大事ですね。

私も真面目ではあまり無いですが、気にしいな性格はしているので他人事ではないです。

幸い今の職場は恵まれていますが、そろそろ部署異動の可能性も高まってるので、明日は我が身だと思ってレジリエンスを高めたいですね。

おわり

ブログ村 Twitter feedly
スポンサーリンク
【ポイントサイト】 資産の増加の第1歩 スキマ時間を有効活用しポイ活に励もう♪ 手出しゼロで利用できる♪話題のポイ活始めるならモッピー! 【米国株『モトリーフール』】 米国株投資家必見! 定期的に配信される米国株の情報を無料で見れます。 勉強になるので私も利用してます。 モトリーフール 【資産管理】 完全無料でお金の管理ができる資産管理アプリ アプリ1つで資産を把握し無駄を省こう! おかねのコンパス