↑ランキングに参加しています!良ければポチッと押していただけると嬉しいです!!

雑記

専業主夫願望が最も高いのは30代男性で6割越え

こんにちは!タケルです。

全体で見ても過半数が専業主夫になりたいと思っている

 

先日livedoorニュースで記事になっていました。

内容はSheepDogが発表した「専業主夫願望に関するアンケート」についてです。

対象は宮城県、東京都、愛知県、大阪府、福岡県に住む15歳~39歳の男性450名です。

この図は「結婚後(既婚の方は将来的に)育休を除き、専業主夫になりたいですか?」という質問に対しての回答を表したものです。

図によると「相手や経済事情が許すならなりたい」と回答した人の割合が49.56%、「絶対なりたい」と回答した人の割合が9.78%ある事がわかります。

つまり少しでも専業主夫願望がある人の割合全体で約6割あるということです。

またこの図は先程の質問を年代別にまとめたものです。

これによると年代が上がるにつれて専業主夫願望も上がり30代の人が最も多く62.66%ということです。

そしてこの図は先程の質問を結婚の有無別にまとめたものです。

これによると未婚男性で専業主夫願望がある人の割合は56.48%、既婚男性で専業主夫願望がある人の割合は68.93%と

既婚男性の方が10%以上専業主夫願望が高いという事がわかります。

専業主夫の世帯の割合は全体の5%

 

こんなに専業主夫になりたい人が多いとは意外でした。

やっぱりどうしても楽そうに見えてしまうんですかね。

育児とかが入ってくればそんな事はないと思いますけど、子供がいなかったら私も専業主夫の方がストレスフリーな気がします。

まあとはいえ最近は普通に専業主婦の割合も低くなってきて共働きの世帯が多いですね。

そして専業主夫の割合ですが年々増加傾向だそうです。

2000年には専業主夫の人数は約1万6000人だったそうなのですが、10年後の2010年には専業主夫の人数が約60000人まで増加したそうです。

そしてそこからさらに増加し2015年には、専業主夫の世帯の割合が全体の5%を占めているそうです。

私の身の回りで専業主夫とか聞いたことないのですが、5%なので100世帯に5世帯もいるということです。

時代の変化を感じます。

また回答の結果を年代別にみると30代が1番専業主夫願望のある人が多いことについては

やはり30代が回答者の中で1番ストレスがかかる年代だからかもしれません。

実際に10代、20代と比べてストレスを感じている人の割合が30代の方が高いです。

仕事においても30代は働き盛りでリーダーを任されたり出世で責任が重くなったり何かと大変です。

他に既婚者の方が独身者と比べて専業主夫になりたい人が増加するのは何故なんでしょうか。

結婚して見えてくるものとかがあるのかもしれません。

ちなみに私が専業主夫になりたいかといえば正直微妙ですね。

散々アーリーリタイアを目指してはいますが。

専業主夫をするということは奥さんは正社員として働いていて養って貰ってるということなので何か後ろめたい気持ちになりそうです。

別になる必要なんてないんでしょうけど、欲しいものがあった時いちいち奥さんに気をつかいそうでしんどいです。

アーリーリタイアは仕事はしてませんが自分で貯めた貯金を切り崩してそれで養っているという形です。

そしてもし結婚したら奥さんにはできればパートでもいいので働いて欲しいです。

理由はもちろん資産の最大化です。

幸い今の彼女は専業主婦願望がそこまで無さそうなので安心です。

まあ理想の形は夫婦によって様々ですね。

おわり

ブログ村 Twitter feedly
スポンサーリンク
【ポイントサイト】 資産の増加の第1歩 スキマ時間を有効活用しポイ活に励もう♪ 手出しゼロで利用できる♪話題のポイ活始めるならモッピー! 【米国株『モトリーフール』】 米国株投資家必見! 定期的に配信される米国株の情報を無料で見れます。 勉強になるので私も利用してます。 モトリーフール 【資産管理】 完全無料でお金の管理ができる資産管理アプリ アプリ1つで資産を把握し無駄を省こう! おかねのコンパス