↑ランキングに参加しています!良ければポチッと押していただけると嬉しいです!!

雑記

お金持ちの家とそうでない家では子供の行動が全く変わってくる

こんにちは!タケルです。

変わる子供の行動

 

先日livedoorニュースにて記事になっていました。

内容はお金持ちの家の子供はほとんどしないが、そうでない家の子供はよくする行動についてファイナンシャルプランナーの藤川太さんが話していたそうです。

例えばスーパーでの子供の行動です。

子供がスーパーでお菓子やジュースをねだり駄々をこねることに悩みを持つ家庭は多いそうです。

しかし藤川太さん曰く1億円貯まるような家庭からそのような悩みはあまり聞いたことがないそうです。

他に電車でグズったりする子どもも同様に少ないそうです。

まず子どもが何かをねだるのは、過去の経験が影響していることが多いとのことです。

つまり過去に駄々をこねることにより、スーパーで何かを買ってもらったり、電車でスマホを与えられたりした可能性があります。

その経験を子供が記憶し、駄々をこねれば買ってもらえると学習したということです。

結局子供のこれらの行動は親の行動によるものが大きいということです。

その親の行動がお金持ちの家庭とそうでない家庭では違う傾向があるようです。

先程の電車で子供がグズることについても、一度習慣がついてしまったら後がやっかいということをお金持ちの人は認識しているため

その場しのぎのために何かを買い与えることをしないそうです。

また反抗期の子供の対応なども違うようで、親がはれ物に触るような対応をするからますます子供が反抗するのだそうです。

最初に子供がクズった時などに我慢して何も買い与えなかったりするというのは大変ですが、長い目で見るといい結果をもたらすことが多そうです。

長期的な目線はいつでも大切 

お金持ちの家庭とそうでないと家庭とでは子供と行動も全然変わるんですね。

何となくお金持ちの家庭の方が子供になんでも買い与えるイメージがあったので意外でした。

ただ1億円貯まるような家庭から悩みは少ないとのことですが、1億円以上資産を持っている家庭はそもそも分母が少なかったり

庶民が行くようなスーパーや電車を利用する機会が少なかったりとかはあるかもしれません。

また私は子供を持ったことがないので詳しくはわからないですが、実家で犬を飼っています。

犬は人間でいうと2〜3歳の知能を持つと言われますが、確かに1度人間食事を犬にあげて以降しつこいぐらいに犬が鳴き止まなくなりました。

これも先程と同じような例だと思います。

何となく可哀想とかいう安易な考えや好奇心によって後々面倒くさくなってます。

もし子供を持ったときには同じようなことにならないようにしたいと感じました。

改めて長期的な目線というのは何事においても大切だなと思いました。

まず長期的な目線の代表は株だとおもいます。

歴史的にみてリターンはプラスですが、短期的な感情に左右されるとリターンがマイナスになってしまうこともあります。

スロットも同じです。勝率100%なんて絶対になく月あたり、年間での収支で考えることが大切です。

また最近は結婚式の会場選びでも長い目で見ることが大切だと感じました。

見積もりの相談をしていると、ほんとに空いてる日が1日しかない、これだけ大きな割引ができるのは今だけみたいなことをスタッフさんは言ってくるので

冷静になって考えないとすぐ契約しそうになってしまいます。

会場は他にもあるし、なんだかんだまた割引のチャンスに巡り会えるぐらい大きな気持ちを持つことを意識しています。

おわり

ブログ村 Twitter feedly
スポンサーリンク
【ポイントサイト】 資産の増加の第1歩 スキマ時間を有効活用しポイ活に励もう♪ 手出しゼロで利用できる♪話題のポイ活始めるならモッピー! 【米国株『モトリーフール』】 米国株投資家必見! 定期的に配信される米国株の情報を無料で見れます。 勉強になるので私も利用してます。 モトリーフール 【資産管理】 完全無料でお金の管理ができる資産管理アプリ アプリ1つで資産を把握し無駄を省こう! おかねのコンパス