↑ランキングに参加しています!良ければポチッと押していただけると嬉しいです!!

雑記

年末ジャンボ宝くじが今年も発売 長蛇の列ができるお店も

こんにちは!タケルです。

11月24日から「年末ジャンボ宝くじ」が発売


先日livedoorニュースにて記事になっていました。

今年も「年末ジャンボ宝くじ」の季節がやってきました。

発売日は11月24日〜12月24日までとのことです。

抽選日は12月31日で、獲得賞金は1等と前後賞を合わせて最大10億円とのことです。

高額当選者が出ることで有名な東京の西銀座チャンスセンターには今年も長蛇の列ができたそうです。

列の先頭に並んでる女性は21日から並び始めたそうです。

他にも今年で55年目で朝5時半から並び始め今までで1000万円ほど使った人もいました。

また札幌市のチャンスセンターには札幌、九州、東京の3カ所でそれぞれ9万9900円、合計で約30万円を何十年にもわたって購入している強者もいたそうです。

ちなみに当たった試しは無いそうです。

私の近所のスーパーでも何人かのお客さんが並んでいました。

当せん金の使い道はやはり「貯金」が多い

 

宝くじ公式サイトによると、1000万円以上の高額な当せん金の使い道として1番多いのは「貯金」で45%の人が回答しました。

2番目が「車の購入」で15.4%、3番目が「土地・住宅の改築や購入」で15.2%と続きます。

それ以下についてはこんな感じです。

4位 「借入金の返済」 13.8%
5位 「家族サービス・親孝行」 11.7%
6位 「旅行」 11.0%
7位 「子供の教育・養育費」 9.5%
8位 「投資」 6.5%
9位 「趣味の充実」 6.0%
10位 「仕事・事業の資金」 5.1%

ボーナスの使い道の時も1位は貯金だったので堅実な人が多いんですね。

私ももし当選すれば一部は貯金に充てると思います。

ただ還元率はかなり低い 

各地のお店で行列ができるなど賑わってますが、
5大ジャンボ宝くじの売り上げは減少傾向にあるようです。

原因は色々あると思いますが、宝くじの還元率はかなり悪いです。

公営ギャンブルの中でも宝くじの還元率は1番低く50%以下です。

1000円かけても500円しか返ってきません。

1000円賭けて600円当選すればそれは平均より運が良いという事です。

対して同じ公営ギャンブルの競馬・競輪などは75%程度、パチンコパチスロは90%程度です。

宝くじよりギャンブルのイメージが強い競馬やパチンコの方が圧倒的に還元率が良いということです。

宝くじのイメージが良いのは大々的にCMをしたり売上金の大半が公共事業等に使われるなどといった事があるのかもしれません。

CMは妻夫木聡さん、吉岡里帆さんなどの有名人5人を起用し5人兄弟を演じ賑やかなやりとりを繰り広げる内容であり好感度も高いです。

これだけ代表的な有名人を起用すればイメージも上がりそうな気がします。

ただこの広告費が宝くじの売上から出ているのは事実ですし、それで還元率が下がっているということです。

なので私としてはどうしても割りに合わないなと感じてしまって、宝くじを購入する気にはあまりなれないです。

スロットなどで地道に期待値を追っている方が好きです。

でもそれは確率が収束することを前提に考えていることなので、年に数回宝くじを買うだけでは低過ぎる当選率が収束なんてするわけないです。

実際に何人かは宝くじで毎年億万長者になれるのも事実なので、それに夢をかけるのはありだと思います。

記事にあったように3日前から並んでる人とか凄い熱量です。当選したら良いですね。

私は宝くじは買いませんが、そのお金で株を購入して一攫千金を狙いたいです。

おわり

ブログ村 Twitter feedly
スポンサーリンク
【ポイントサイト】 資産の増加の第1歩 スキマ時間を有効活用しポイ活に励もう♪ 手出しゼロで利用できる♪話題のポイ活始めるならモッピー! 【米国株『モトリーフール』】 米国株投資家必見! 定期的に配信される米国株の情報を無料で見れます。 勉強になるので私も利用してます。 モトリーフール 【資産管理】 完全無料でお金の管理ができる資産管理アプリ アプリ1つで資産を把握し無駄を省こう! おかねのコンパス