↑ランキングに参加しています!良ければポチッと押していただけると嬉しいです!!

スロット

想像以上に為替の動きは遅いと思った

こんにちは!タケルです。

ここ最近、円高になってきて資産が減った

 

今年に入って来て急激な円安が進み、1月初めの1ドル約103円から4月の初めにかけて1ドル111円付近まで駆け上がりました。

これの影響を受けて米国株の割合が高い私の資産は上昇しましたが、ここ最近は調子がふるいません。

現在1ドル108円あたりまで、111円の時から3円ほど円高になりました。

それでも年始からの円安が打ち消されたわけではないのですが

良い気分ではないです。

約2.7%の円高であるので私の資産としては50万円ほどがなくなりました。

これはドル円の月足ですが、110円付近のレジスタンスラインに反応しているように見えます。

このチャートだと102円あたりまで円高になってしまうのではないかと不安です。

それにしても為替は動くのが遅いと感じました。月足を見ているので当たり前かもしれませんが。

3月中旬あたり109円で揉んでいたので、そろそろ円高になると予想してましたが、そこからブレイクし111円まで円安になりました。

なのでここまで来れば月足のレジスタンスラインも抜けて更なる円安になって行くだろうと

期待し始めたところでこの円高傾向です。

散々持ち上げといて、落とされる感じがストレスですね。

円安が進んでいた原因は、米国債10年利回りなどの長期金利の上昇がありました。

基本的にお金は金利の低い所から高い所へ移動する傾向があるとされています。

そしてここのところ長期金利も1.5%台にまで低下しました。

まあ為替はよく分かりません。

米国株式市場について

 

また株式市場についてですが

ダウ平均株価のETFであるDJIは4月1日33153ドルで始まり4月22日には34043ドルと約2.7%上昇しました。

S&P500のETFであるSPXは4月1日には3992ドルで始まり4月22日には4180ドルと約4.7%上昇しました。

ナスダック総合指数のETFであるIXICは4月1日には13414ドルで始まり4月22日には14016ドルと約4.5%上昇しました。

ここ2週間で3つの指標とも増加してるんですね。

また4月16日にダウ平均株価は34200ドルと史上最高値を更新しました。

アメリカの金融大手が相次いで好決算を発表したことにより新型コロナウイルスの影響で打撃を受けた経済の回復が続いていることが裏付けられ上昇しました。

しかし22日にはバイデン政権が富裕層を対象に株式などの売却益に対する課税を引き上げる計画をしているということで株価は大きく下落しました。

キャピタルゲイン税の税率が現在のほぼ2倍である39.6%まで引き上げる可能性があるそうです。

とはいえ、製造業指数などの指数もよく1日で株価は戻しました。

私の資産は下落していたので意外でした。

指数が上昇しどんどん割高になっている中で自分の資産が増やせてないのは勿体ない気がします。

やはり円高の影響は大きいです。

また4月19日にはバイデン政権ががたばこメーカーに対して

ニコチン含有量の引き下げを義務付ける規制を強化することを検討しているとして

アルトリア【MO】が急落し6%以上下落しました。

これは私も保有しているので影響は大きいです。

まあタバコ関連株の風当たりが強いのはいつものことです。

とはいえ現在はアメリカ企業の決算真っ只中であり内容は悪くないと思います。

私も保有するIBM、AT&T【T】、フィリップモリス【T】などずっと調子が悪かったバリュー株の決算が好調で息を吹き返しつつあります。

まだ決算は続きますので期待して見守ろうと思います。

おわり

ブログ村 Twitter feedly
スポンサーリンク
【ポイントサイト】 資産の増加の第1歩 スキマ時間を有効活用しポイ活に励もう♪ 手出しゼロで利用できる♪話題のポイ活始めるならモッピー! 【米国株『モトリーフール』】 米国株投資家必見! 定期的に配信される米国株の情報を無料で見れます。 勉強になるので私も利用してます。 モトリーフール 【資産管理】 完全無料でお金の管理ができる資産管理アプリ アプリ1つで資産を把握し無駄を省こう! おかねのコンパス