↑ランキングに参加しています!良ければポチッと押していただけると嬉しいです!!

【米国株】今週は平行線な1週間!しかし「XOM」などの原油株は好調でした!

こんにちは!タケルです。

11月はバリュー株を中心に買い戻され米国株は大幅に上昇しました。ダウ平均株価はこの1ヶ月で10%以上上昇し、さらに11月24日のダウ平均は史上初となる3万ドルを突破しました。

そして12月に入ってからはどうでしょうか。

ダウ平均株価のETFであるDJIは12月1日29797ドルで始まり12月4日には30218ドルをつけましたが12月11日は30046ドルをつけて月初めから約0.8%の上昇で終えました。

S&P500のETFであるSPYは12月1日には365.57ドルで始まり12月8日には370.17ドルをつけましたが12月11日には366.09ドルと月初めから約0.1%上昇しました。

ナスダック総合指数のETFであるQQQは12月1日には301.87ドルで始まり12月8日には308.29ドルをつけましたが12月11日には301.85ドルと月初めとほぼ同じ値で終えましたが減少しています。

ダウ平均株価が0.8%程度上昇しているのに対してナスダック総合指数はほぼ変わりませんが減少しています。
11月に引き続き12月もグロース株よりバリュー株に追い風が吹いています。

こちらはS&P500の1週間のヒートマップですが、これを見てもバリュー株の株価が上昇しているのが分かります。

エクソンモービルやAT&T、フィリップモリスやアルトリアなど私の保有する銘柄も上昇している事が分かります。

特に今週は1日単位でダウ平均がマイナスになった時でも、エクソンモービルだけが上昇し私の資産は増えているみたいな状況が何日かありました。

エクソンモービルの株価ですが12月1日には38.96ドルでしたが12月11日の終値は43.8ドルと12%程度上昇しています。

ロイヤルダッチシェルもエクソンモービル程では無いですが上昇しているので特に原油株中心に追い風が吹き始めたかも知れません。

要因としてはニューヨーク原油先物相場が好調な事が挙げられます。

OPECと非OPEC主要産油国で構成する「OPECプラス」が協調減産の段階的縮小で合意した事が価格を支えたそうです。

また昨日はウォルトディズニーが好調で13.6%と1銘柄だけ暴騰しています。ディズニーは投資家説明を行い、動画配信サービスの拡充や利用者の伸びが期待されることが好感されました。

このようにバリュー株が好調な反面ハイテク株価は不調気味です。

GAFAMはアップルを除き軒並み株価が減少しています。クアルコムやマスターカードも大きく株価が減少しています。

市場全体としては引き続きコロナワクチンの進展と追加経済対策、収束の気配を見せない感染の拡大などが交錯し不安定な相場が続いています。

また10日にはアメリカのFDAが、ファイザーの新型コロナウイルスワクチンについて効果と安全性を検証する委員会を開き「接種による利益はリスクを上回る」とする結論をまとめました。

そして先ほどFDAが緊急使用の許可を出しました。

そしてアメリカ政府は、24時間以内にワクチンの供給を始めるとしているためワクチンの摂取開始は間近である可能性は高そうです。

ワクチンが目前に迫っていますが今週のアメリカの主要指数の株価はあまり上昇していない為、市場はこれを織り込んでいそうですね。

逆に何らかの理由でワクチンの供給が遅れれば暴落すると思います。

またワクチンの摂取が始まったとしても順調に感染が収束するんでしょうか。まあするんだと思いますけどなんか不安です。

そして追加経済対策に関しては与野党協議が再び難航しているそうです。超党派グループが提示した9080億ドルの案を軸に妥協案が協議されていますが、共和党の大多数の支持を得られていないようです。

年末に向けて市場にも警戒感が高まる中で不安定な相場が続いています。
引き続き今後の動きにも注目していきたいです。

おわり

ブログ村 Twitter feedly
スポンサーリンク
【ポイントサイト】 資産の増加の第1歩 スキマ時間を有効活用しポイ活に励もう♪ 手出しゼロで利用できる♪話題のポイ活始めるならモッピー! 【米国株『モトリーフール』】 米国株投資家必見! 定期的に配信される米国株の情報を無料で見れます。 勉強になるので私も利用してます。 モトリーフール 【資産管理】 完全無料でお金の管理ができる資産管理アプリ アプリ1つで資産を把握し無駄を省こう! おかねのコンパス