↑ランキングに参加しています!良ければポチッと押していただけると嬉しいです!!

雑記

冬のボーナス使い道 「投資信託」が初のTOP10入り

こんにちは!タケルです。

2021年 冬のボーナス使い道

 

株式会社ロイヤリティ マーケティングが「第49回 Ponta消費意識調査」を実施していました。

このグラフは「今年の冬のボーナスの使い道を教えてください」という質問に対しての回答を表したものです。

これによると「支給されない・分からない」という回答が多数を占めているものの

ボーナスの使い道としては「貯金・預金」という回答が圧倒的に1番多く37.8%でした。

これは8年連続であり、調査が始まって以来ずっと1位とのことです。

また2位は「旅行(宿泊を伴うもの)」で6.7%、3位は「食品(ふだん食べるもの)」で5.3%でした。

とはいえ2位の「旅行(宿泊を伴うもの)」は最近5年間では割合が最も低くかったです。

そして「旅行(日帰り)」は10位ですが過去5年の中では最も割合が高いです。

他に「投資信託」の項目に関しては9位となり8年目の調査で初のTOP10入りとのことです。

2021年の「夏のボーナスの使い道」でも初めてTOP10入りしそれに続く形となったそうです。

またこのグラフは「支給される金額のうち、どの程度貯金・預金したいか、お答えください。」という質問に対しての回答です。

これによると全体で「75%以上」と回答したのは33.8% 、「50%~75%未満」と回答したのは24.9%でした。

ボーナス支給額のうちの半分以上を「貯金・預金」したいと考える人が半数以上いることが分かります。

そしてグラフは「貯金・預金の用途を教えてください。」という質問に対する回答です。

全体で最も多いのが「老後の生活への備え」で56.2%、その次が「将来の消費への備え」で47.6%でした。

日本人に投資が根付いてきている

 

2021年の冬のボーナスの使い道が発表されましたが、使い道としては相変わらず貯金が人気ですね。

37.8%の人が回答しており他と比べても圧倒的です。

まあこれだけ給料が上がらなかったり、退職金が減ったり、また物価は上がりと明らかに貧しくなってますし今後に対して不安に感じるのも納得です。

何かあったら自己責任ですし、支給されない方も多い中、貰えるだけありがたいと感じて将来に備えて貯めれる時に貯めておきたいですね。

また投資信託が9位にランクインし初のTOP10入りとなったということでだいぶ日本人に投資が根付いてきていると感じます。

日本人で2020年に投資をしている人の比率は4割を超えたそうです。

2015年の時には約3割ほどだったので5年で10%も増えています。

しかし日本の株式へ投資する人は最も多いものの比率は減少傾向にあるようです。

とはいえ投資してる人が増えるのは普通に嬉しいです。

株式投資をしてると言うと変わった人と思われてる気がして、なかなか言いづらかったり今でもするのでもっと普及すればこういったこともなくなりそうです。

他に使い道として貯金すると回答した人で、節約したくないと答えた人の方がボーナスの支給額に占める貯金する割合が高いのはなぜなんでしょうか。

そこは少し分かりませんが、節約したい人は積極的に投資とかするんでしょうか。

ちなみに私のボーナスの使い道について、投資と言いたいところですが、一旦は貯金したいと思います。

おそらく来年は結婚指輪や結婚式、旅行などで支出が多くなると思います。

親からの支援があるかによりますが、現金が足りなくなって保有している株を売却する羽目になるのは嫌なので。

でも、とにかく冬のボーナスが楽しみです。

おわり

ブログ村 Twitter feedly
スポンサーリンク
【ポイントサイト】 資産の増加の第1歩 スキマ時間を有効活用しポイ活に励もう♪ 手出しゼロで利用できる♪話題のポイ活始めるならモッピー! 【米国株『モトリーフール』】 米国株投資家必見! 定期的に配信される米国株の情報を無料で見れます。 勉強になるので私も利用してます。 モトリーフール 【資産管理】 完全無料でお金の管理ができる資産管理アプリ アプリ1つで資産を把握し無駄を省こう! おかねのコンパス