↑ランキングに参加しています!良ければポチッと押していただけると嬉しいです!!

雑記

既婚男性の約半数は「へそくり」があるという結果に

こんにちは!タケルです。

「へそくり」がある既婚男性は約半数いる

 

先日livedoorニュースで記事になっていました。

内容は既婚男性のお財布事情について株式会社ネクストレベルが調査したというものです。

これは「奥さんが知らないへそくりはありますか?ある方はどのくらいの額か教えてください」という質問に対する回答を表したものです。

これによると51.9%の人が「へそくりはまったくない」と回答したもののそれ以外の人はへそくりがあるという事です。

さらに5.4%の人は301万円以上のへそくりがあるということがわかります。

この図は先程の質問を世帯年収別に見たものです。

図によると世帯年収が増えるにつれてへそくりをしている既婚男性の割合も上昇していることがわかります。

先程の質問では半数以上の人がへそくりをしていないと回答していましたが

世帯年収が601万円以上の世帯に関しては半数以上の人がへそくりをしています。

また既婚男性がへそくりを持つ理由としては趣味や家族へプレゼントを買うため、将来の保険として貯めているなど様々な理由でした。

そしてこの図は松井証券が結婚3年以内の20〜30代の男女400人と結婚30年以上の50〜60代の男女400人を対象に調査を行ったもので

「夫や妻に自分の貯金額を教えている?」という質問に対しての回答を表したものです。

これによると約半数近くの人は正確に自分の貯金額をパートナーと共有しているのに対して

男性も女性も約3割の人たちは自分の貯金額を教えていないことが分かります。

また貯金額を教えていない人の割合は男性よりも女性の方が高かったです。

コメント 

思っていた以上にみんなへそくりをしているんですね。

300万円以上している人もいるので驚きました。

へそくりとは配偶者には内緒にしている個人の資産です。

夫婦の婚姻生活の中で作られ、夫婦の共同財産であることも定義づけられるそうです。

なので元々結婚前からもっている資産はへそくりではないと思います。

そう思うとへそくりを貯めることはどんな理由にしても良い事とは言い難いですし、貯めるのも難しそうだと思います。

まあ回答者があまり深く考えずに元々の貯金額をへそくりとカウントしてる可能性もありそうですね。

ただ世帯年収が上がるにつれてへそくりをしている人の割合が増加することから、年収が低いとへそくりに回す余裕が無くなるのかもしれません。

またそれと似たような質問ですが、貯金額について夫や妻に教えていない人の割合についても約3割とけっこういるなと感じました。

「教えない」、「サバを読む」と回答した人の割合を合わせると約5割なのでへそくりをしている人の割合と同じぐらいです。

約5割の人は誠実でありちゃんと貯金額を共有しているんですね。

ちなみに私の場合は結婚はしていないですが彼女に対して貯金額を教えていません。

また結婚したとしても教えるつもりはないので今回のアンケートの中では約3割の中に入るということです。

そして私のへそくりの予定についてですが、基本的に給与収入についてはしっかりと公開するつもりであり

その一部をお小遣いなどは除き自分の貯金にしたりはしないつもりです。

ただ結婚する前に持っていた貯金を運用し、配当金を得ることはすると思うのでこれに関してはへそくり扱いになるのでしょうか。

まあ別に何かが欲しかったりしたいことがあるわけではないですが。

おわり

ブログ村 Twitter feedly
スポンサーリンク
【ポイントサイト】 資産の増加の第1歩 スキマ時間を有効活用しポイ活に励もう♪ 手出しゼロで利用できる♪話題のポイ活始めるならモッピー! 【米国株『モトリーフール』】 米国株投資家必見! 定期的に配信される米国株の情報を無料で見れます。 勉強になるので私も利用してます。 モトリーフール 【資産管理】 完全無料でお金の管理ができる資産管理アプリ アプリ1つで資産を把握し無駄を省こう! おかねのコンパス