雑記

タケルが原付である理由

こんにちは!タケルです。

私の普段の移動手段は原付バイクです。職場やパチンコ店や遊びなど大体原付バイクで移動します。

学生の時には原付バイクで琵琶湖一周とかしましたし、姫路城まで行ったりもしました。
琵琶湖一周や姫路城はさすがに学生時代の思い出作りというところはありますが、比較的原付バイクが好きなのは事実です。

まあ好きというよりメリットが単純に多いと思います。
なので皆さんに原付バイクの良さを説明しますね。

メリット


1、費用が安い
まず原付バイクはとにかく安いですね、車と比べたら一目瞭然です。車には駐車場代などもかかりますし月のガソリン代も5000〜6000円ぐらいかかります。

年間の維持費も5〜10倍ぐらい違うそうです。特に日本は諸外国と比べてかなり車の税金は高いです。

アメリカと比べると日本の方が約50倍も税金が高いらしいです。対して原付バイクは車体の価格こそかかりますが、維持費はかなり安いです。

軽自動車税も2000円ですし、原付バイクは燃費よく1リットルあたり50〜80kmも走るそうです。毎日原付バイクを乗っていても毎月のガソリン代は走行数にもよりますが1000円程度です。

2、所要時間が短い
原付バイクは意外と目的地まで早く着くことができます。当然、県を跨ぐ移動などでは車や電車の方が圧倒的に早く着きますが、10km以内で都会の道とかなら原付バイクの方が早いです。

電車の場合、一旦駅まで行ってから徒歩などで目的地に行く必要がありますし、車でも道が混雑していて予想以上に時間がかかるかもしれません。

それに対して原付バイクなら直接目的地に行くことができますし、道が混雑していても車の横を普通に原付バイクで走ることができるので快適です。
目的地への到着時間にブレもありません。

3.さまざまなパチンコ店を巡ることができる
色々なメリットを書いてきましたが、結局1番のメリットはこれですね。ハイエナをする為にたくさんの店移動をすることになると思いますが、電車だと駅近の小さめのあまりハイエナに適さない店舗中心になりますし、その都度電車賃がかかります。


車だと維持費が高すぎてハイエナする気が無くなります。自転車だと疲れて店移動する気も無くなりますね。しかし、原付バイクだとそれらの悩みは全て解決ですね。ガソリン代もほぼ変わらないし小回りも聞くし最強です。

以上3つのメリットを書いてきましたが、次はデメリットも書いていきます。

デメリット

1悪天候がつらい
この理由が個人的に原付バイクの1番のデメリットだと思います。とにかく悪天候が辛いです。真夏は信号待ちしているだけで汗が出てくるし、真冬は本当に寒い。


大雨の時とかはカッパを着ないといけないし、雨が染み込んでくることもあります。梅雨の時期はほぼ毎日雨なので地獄ですね。

2.30kmしかだせない
原付バイクの特徴として、法定速度が30kmというのがあります。つまり、どんな道路でも30km以上の速度は出せないということです。

特に都会の道などでは車と同じ速度で60kmぐらいの速度で走行しているとすぐに捕まります。私も原付に乗りたての時期には法定速度を無視して、車の流れに沿って走行していましたが、たった半年ほどの間で2回も捕まったので、それ以来30kmの法定速度をまじで守ってます。

3ださい
これは人による所もあると思いますが、何となく原付バイクがださいと思っている人が多い気がします。バイクに興味がない人からしたらどうでもいいのかもしれませんが、普通のバイクに乗っている人から、「原付バイクなんかやめて普通のバイク乗ったら?」みたいなことをよく言われるので、そう言うってことはださいと思ってるってことでしょう。


 それか、もしかしたら原付バイク自体をださいと思ってるわけじゃなく、せっかくバイクに乗るのにお金の事ばかり考えて安くて燃費のいい原付バイクを選ぶ私の考え方がださいと言う事でしょうか。
 どちらが理由かは定かではありません。あ、でもたまに原付バイクに乗っている事に対して可愛いと褒めてくれる人もいます。

デメリットは以上です。


とりあえずメリットもデメリットもありますが私にとってはメリットの方が多いと感じたので原付バイクを乗っています。
皆さんもぜひ原付バイクに乗ってください。
長々とすみません。読んでくださりありがとうございました。

おわり

ブログ村 Twitter feedly