スロット

ついに【ゴッド凱旋】の撤去が間近に

こんにちは!タケルです。

ついにミリオンゴッド神々の凱旋の撤去日が目前に迫っています。

2020年11月16日に撤去対象になるそうです。なので地域によって誤差はありますが、その日より順番に撤去されていくことになります。

凱旋といえば5号機の中でもトップクラスで人気の台です。バジリスク絆、まどマギ、サラリーマン番長などと一緒にパチンコ店のメイン機種を担っていました。

ですが撤去の波には逆えず既に凱旋以外の機種はほとんど姿を消しました。あと残っている機種は凱旋と沖ドキぐらいでしょうか。

凱旋の特徴はまず黄金に光り輝く筐体です。隅から隅まで金色なので他の台と比べて一線を画しています。
そして圧倒的な爆発力を秘めています。

ATに当選してゴッドゲームに突入すると1回あたり100Gもあります。純増は約3.0枚もあるため単発だとしても約300枚は出ます。まあ気持ち出ない時の方が多い気がしますが。

また1/8192で成立するGOD揃いは大量出玉の期待大です。恩恵の割には比較的高確率で引くことができます。また5セットが確定し期待枚数は2000枚を超えています。

万枚を狙える機種の1つであり一応私も出した事あります。

しかしその分負ける時は派手に負けます。コイン持ちが悪く1000円あたり約25Gしか回りません。なのに天井は1480Gまであります。

0Gから打ったとして天井まで持っていかれると5万円は軽く無くなります。

さらに初当たり確率も設定1で1/452.8で天井到達率も高めです。

まさにハイリスクハイリターンの機種と言えるでしょう。

このような台の性質から凱旋は高射幸性パチスロ機として扱われます。

先日新型コロナウイルスによる経済的影響を考慮して設置期限の延長が正式に決定し、最大で2021年の11月30日までの延長が決まりましたが、高射幸性パチスロ機は延長の対象外だそうです。

なので凱旋は対象外ですね。ただし沖ドキに関しては当初2020年12月31日までだったのが11日間延長して2021年の1月11日まで打つことができるそうです。

年末年始の休みで沖ドキを満喫できるという事です。

という事で2020年11月16日に凱旋は撤去される訳ですが、パチンコ店からしたら相当な打撃なのは間違いないと思います。

私の行くお店はほぼ全ての店で凱旋がメイン機種として扱われていますし、20台、30台と並んでいます。

6号機でそこそこ注目されていたバジリスク絆2よりも客つきはいいです。というか1番客つきのいい機種だと思います。

撤去した損失は計り知れません。また凱旋の代わりに他の機種も購入しなければならないですし、一部のお店ではスロットコーナーを一部廃止する事も検討しているそうです。

また業界団体はパチンコ店が期日通りに凱旋を撤去してくれるのかということについても警戒しているそうです。

もしルールを守らないお店が続出してしまうと、警察にも目をつけられ業界の更なる規制の強化にも繋がりかねないとのことです。

私としてもさらに規制が強化され客数が減ってしまうと辛いです。
ハイエナはやっぱり一般のお客様あってのものなので。

なかなか注目されている凱旋の撤去ですがどうなることでしょうね。

そろそろ私の通っているパチンコ屋も潰れる可能性もありますし貯メダルもあるので注意しながら動向を見守っていこうと思います。

2015年に凱旋が導入されてから約5年が経ちます。凱旋は私にとっても思い出深い機種です。

ハイエナとしても非常に魅力的な台でした。設定変更時の恩恵が大きく宵越しを絡めた天井狙いを何度もしました。最近は他の人も知識を持っているので打つことは前より減りましたが。

おわり

ブログ村 Twitter feedly