↑ランキングに参加しています!良ければポチッと押していただけると嬉しいです!!

おでかけ

大阪のアートアクアリウムで癒されてきた!

こんにちは!タケルです。

先日彼女と大阪の「アートアクアリウム展〜大阪・金魚の艶〜」に行ってきたのでそれの感想の記事です。

アートアクアリウム自体私も彼女も1度も行ったことが無かったので気になってはいました。

アートアクアリウムとは

 

アートアクアリウムとは和をモチーフにしたデザイン性の高い水槽や金魚が美しく舞い踊る姿を

LEDライティングやプロジェクションマッピングなどの技術を融合させて作った空間の展覧会のことです。

木村英智という人物によって発案されました。

アートアクアリウム展〜大阪・金魚の艶〜 

ということで大阪駅の隣であるJR福島駅から徒歩10分ほどで会場である堂島リバーフォーラムに到着しました。

真夏であり若干の上り坂だったのでかなり暑かったです。

会場の入り口です。

アクアリウムの入り口を入ってまずありました。
何かはよくわかりませんが。

入って1つ目のフロアです。室内はなかなかの密でした。

ただそれ以降はそこまで混んでいませんでした。初めが1番人多かったです。

これはセキテイリウムだそうです。「石庭」において、一番最初に排した水を、最後まで残された石として表現したそうです。

途中で色が変わり綺麗でした。

これは天井金魚です。字の如く天井に水槽が連なってます。

初めてみた景色であり斬新でした。

プリズリウムという展示物です。映像が乱反射してプリズム効果を生む作品とのことです。

このカラフルな魚たちはパロットファイヤージグリットという改良品種の熱帯魚だそうです。

自然界には存在しない魚とのことです。

これはキリコリウムです。江戸時代からの伝統工芸である江戸切子を用いた作品とのことです。

綺麗でした。

エアレーションが全く無いのがすごいです。少しずつ水を循環させることで酸素をまかなっているんですかね。

何の魚かは分かりませんが頭部に特徴があります。彼女が気に入ってました。

これはキモノリウムです。プロジェクションマッピングの映像と金魚の融合とのことです。

綺麗でしたが金にストレスとかかからないのかななんて考えてました。

アートアクアリウムの中でメインの展示物です。

インスタとかで良く見るのはこれですよね。

超花魁という名前だそうでアートアクアリウムが誕生して以来ずっと存在し続けたとのことです。

金魚鉢の大きさは直径、高さ約2.5mもあり約3000匹もの金魚が泳いでるとのことです。

迫力があって綺麗でした。

アートアクアリウムはこんな感じですが全体を通して初めての体験だったのでよかったです。

若干の魚臭さこそありましたが、エサや金魚の死骸が水槽に残っていたりとかは全く無かったのでさすがだなと思いました。

基本情報 

住所
堂島リバーフォーラム
大阪府大阪市福島区福島1-1-17

営業時間 
平日:11時00分~20時00分
土日祝:10時00分~20時00分

入場料金 
当日券
一般 1400円 
子供 800円

前売り券
一般 1300円 
子供 700円

混雑状況 
2021年7月 休日 午前中
3日前で前売り券は余裕で購入できました
当日はそこそこ混雑していました

所要時間 
30〜60分

おすすめ度 
アートアクアリウムを1度も行ったことがない人は経験として訪れてみてもいいかと思います

おわり

ブログ村 Twitter feedly
スポンサーリンク
【ポイントサイト】 資産の増加の第1歩 スキマ時間を有効活用しポイ活に励もう♪ 手出しゼロで利用できる♪話題のポイ活始めるならモッピー! 【米国株『モトリーフール』】 米国株投資家必見! 定期的に配信される米国株の情報を無料で見れます。 勉強になるので私も利用してます。 モトリーフール 【資産管理】 完全無料でお金の管理ができる資産管理アプリ アプリ1つで資産を把握し無駄を省こう! おかねのコンパス