アップル【AAPL】の躍進

こんにちは!タケルです。

最近アップルが躍進しています。
8月19日には時価総額が2兆ドルを突破しました。
1兆ドルを突破したのが2018年8月2日らしいので約2年間で2倍ですね。
ほんとすごいです。 

またアップルは7月30日に直近の決算である2020年第3四半期の業績を発表しました。


それによると売上高は597億ドルと前年同期比で11%の増大
希薄化後の1株当たりの利益は2.58ドルと前年同期比で18%の増大となったそうです。


さらにiPhoneやiPadなどの製品部門、Apple MusicやiCloudなどのサービス部門両方で2桁増を記録したそうです。

新型コロナウイルスの対策である外出自粛などが追い風になりアップルの製品やサービスに対する需要が増えたらしいです。

コロナの影響で減収減益の企業がほとんどなのに増収してくるあたり、さすが時価総額1位の大企業ですね。

それに伴い株価も大暴騰しています。
500ドルの大台も突破しました。

たしかにアップルって魅力的な企業ですよね。私もそう思います。
実際私もiPhoneやAirPodsも使っていますしとても満足しています。

デザインもシンプルでお洒落で洗練されてますし、その上高品質でとても使いやすいです。AirPodsを取り出して耳につけた時のペアリングとかめっちゃ早いです。

また、日本人が利用しているスマートフォンのメーカーの1位がiPhoneで約40%のシェアを占めるそうです。ついでソニーモバイルが18%程度だそうでiPhoneの独走ですね。

周りを見渡してもほとんどがiPhoneを使ってるイメージです。

私も初めてのスマホこそAndroidでしたが、2台目からiPhoneに替えてそれ以降ずっとiPhoneを使っています。
あえてiPhoneから他のスマホに乗り換える必要性が無い訳ですね。

さてそんなアップルですが、私もアップルの株を少し保有してます。
まさかここまで株価が上がるとは思いませんでした。

2018年から2019年にかけて59株、約100万円分ぐらいで買付しました。
理由は投資の神様であるウォーレン・バフェットがアップル株を大量にかっているというニュースを見たから。

浅はかな理由ですが、今ボロボロである私のポートフォリオの中で唯一輝いている銘柄です。アップルが無かったら私のポートフォリオは相当やばかったですね。

そうなんですが、実は今年の6月28日にアップルの株を353ドルで46株売却してます。
2年前の買値が大体160ドルぐらいなので2倍以上の額で売れたわけですが、そこからさらに上がり今では500ドルを超えています。

当時売った理由が、PERが高くアップルは割高だと思ったから。当初2018年ごろのアップルのPERは14とかでした。そして、一部売却した時のPERがたしか30手前。そして現在は38程度にまで上がっています。
s&p500のPERが30ぐらいなので市場平均点よりも高い水準にあります。

難しいですよね〜
アップルのPERが30手前ぐらいになった時にはもう結構割高やしさすがにこれ以上は上がらんやろって考えで売ったのにもかかわらずそこからかなり上がっています。

 たらればですけど、あのタイミングで売らなかったらもっと利益あったなって思ってしまいます。

 タイミング投資が難しいっていうのはまさにこのことですよね。

で、迷ってるのは残りの13株をどうするのか

正直PER38というのはかなり割高な水準です。

ドットコムバブルの時のs&p500のPERもそれぐらいでした。
ドットコムバブル崩壊時にはそこからPERが20倍あたりまで暴落した過去があります。

でも、米10年債利回りが低下していて高PERが正当化されているという声や、今市場を牽引しているGAFAMはどの企業もPERが高い事実などもあるのでほんとにこれからどうなるかわかりません。

これからどうしようかな〜

おわり


にほんブログ村

削除ページトップへ

ブログ村 Twitter feedly